お店及び料理が現在の情報と異なる場合があります。
季節メニューや特別メニューなども含まれます。
記事の内容はあくまでも個人的な感想です。

<はぁ?な極厚かつ丼ロースカツ丼>かつや#2

予告時から気になっていたかつやの極厚ロースカツ丼。
すっかり忘れていて幟で思い出したw
かつや

推してる♪

店内POPのような厚みなら相当な調理技術必要。
普通に考えたら二度揚げ+予熱放置で20分以上はかかるだろう。

ただ気になるのはこの極厚はかつ丼のみの展開。
逆に言うと極厚ロースカツ定食としては出せないシロモノということも想像できる。

「玉子で閉じちゃうからこれでいいんじゃね?」的な?www

つまり調理済みカツが送られてきていて、丼にする最終調理だけを店舗で行う感じ?

想像は膨らむが実際はどうなのか注文。

極厚(240g)ロースカツ丼997円
かつや

普通のかつ丼と同じくらいのスピードで登場w
写真では普通のかつ丼と変わらないように見えるが、ただならぬ雰囲気は伝わってきたw

表面アップ
かつや

ぶ厚さは伝わってくる。

かつや

こんな感じ。
3センチはあるだろう。

見ての通り下面の衣が取れてしまっている。
断面が不自然w

食べてみた感想は超絶柔らかい(・。・;
もっというと不自然に柔らかいw
ヒレカツより柔らかいだろう^^;

豚肉の臭みは全くないが旨味もかなり少ない。
不思議な食品。

店内POPをみると「特製調理ポーク使用」と書いている^^;
やはり加工肉ということか。
柔らかくするということはリン酸塩とか?

かつや

トーマスはブログで良く言ってるが、トーマス的に最重要なのは「バランス」

肉の厚みに対して衣が少なすぎる。
写真の赤線2本の間が衣の厚みである。

しかも箸で持ち上げると下面の衣は剥がれてしまうので、柔らかく煮た旨味の少ない豚肉を食べている感じになるw

肉が厚けりゃイイというものではない代表。

薄い肉に生パン粉を使うお店もバランスは悪いと思うが、これもバランスが悪い。

ご飯も写ってしまっているが、今回のはトーマスは無理レベルの濡れ具合><
いつものかつ丼はこんなにつゆが染みていないが(;´Д`)

吉野家みたいにつゆ抜きってやってくれるのかな?

こういう肉はローカル店舗では食べられないので、味覚の経験値アップにおすすめw

今回も100円引き券利用^^

#1かつ丼(梅)とソースカツ丼(梅)

-----------------------------
かつてん苫小牧店

苫小牧市旭町4-8-12
10:30-25:00
北海道の食べ歩きブログが200以上! >>>> にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
posted by トーマス at 2014/02/26 16:48 | Comment(0) | トンカツ・カツ丼・エビフライ系
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。