お店及び料理が現在の情報と異なる場合があります。
季節メニューや特別メニューなども含まれます。
記事の内容はあくまでも個人的な感想です。

<個性的な中華料理・油淋鶏、エビチリなど>興隆 刀削麺酒家#3

ランチはたまに利用している同店だが、夜はこの日が初めて。

店舗前の駐車場には車は止まっていなかったが、先客は8名ほど。小上がり客は宴会状態、テーブル客は普通の食事で何組か入れ替わる状態。

油淋鶏886円
興隆

トーマスが自炊で油淋鶏を作る時は、餃子の王将(大阪王将じゃないよw)の油淋鶏のタレを思い出して作るのだが、こちらは甘さ控えめながら好きな味。

鶏ももには骨なしなので食べやすい。そとはカリカリ、中はジューシだ。

エビチリ950円
興隆

エビの種類は判別できないが、大正海老などの大ぶりなそれではない。
エビには衣が付いているタイプでソースとの絡みが良い。
エビの揚げ方は絶妙で、ぷりぷり状態で美味しい。
ソースは辛味が抑えられていて甘め。ソースをご飯に付けて食べたくなるw

ニラレバー炒め929円
興隆

トーマスはレバーが食べられないのだが、同行者が注文(-_-;)
せっかくなのでレバー一切れと野菜を頂いたのだが、トーマスが苦手としているモサモサで血なまぐさいレバーではなく、臭みがないしっかり下処理されたレバーだった。
レバニラといえば砂糖と醤油メインで炒めるだと思うが、日本人の中華屋さんでは味わったことがない調味料が見え隠れする。それが個性的で美味しい感じになる。

豚肉の四川風炒め1,275円
興隆

メニューには唐辛子が沢山入っているような写真だったので注文してみたw
器の大きさはラーメンどんぶりくらいあり、運ばれてきたそばから鷹の爪を焼いた香りがする。
豚肉も片栗粉の衣があり柔らかく仕上がっている。
スープの表層1cmはラー油で覆われていて熱々。
同行者は辛くて食べられないと言っているがトーマスは全然平気。
辛味はラー油だけではなく色々な辛味やしびれがあり複雑な味わい。
トーマスは好きな料理だ。このスープはご飯が合うw

ランチメニューはリーズナブルな印象だったが、夜は若干割高な印象。(感覚的に)

--------------------
興隆 刀削麺酒家

苫小牧市双葉町1-1-7
11:00〜14:30
17:00〜23:00
無休

北海道の食べ歩きブログが200以上! >>>> にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
posted by トーマス at 2016/04/11 15:20 | Comment(2) | 中華料理・中国料理
この記事へのコメント
久しぶりの更新ですね(^^)
いつも見てるので御多忙かと思いますが更新楽しみにしています(^^)
Posted by まさ at 2016年04月24日 22:01

コメントありがとうございますm(_ _)m
こんなブログをいつも見て頂いているとは(T_T)
更新がんばります。
Posted by トーマス at 2016年04月26日 02:35

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。